巻き方No.32 肩かけはおり

≪ 巻き方 No. 31巻き方 No. 33 ≫

大判ストールの巻き方 肩かけはおり 画像

大判ストールを羽織るときにちょっとひと工夫。パーティーストールにもおすすめの巻き方です。

スポンサーリンク

大判ストール 羽織り方 No.32
( 肩かけはおり )

▼巻き方手順を説明します▼

巻き方No.32-手順1

○ストールを広げ、肩をおおうように、はおります。○片ほうが、少し短めになるように垂らします。


巻き方No.32-手順2

○まず短めのほうを手に持ち、反対側の肩にひっかけて背中側に垂らします。


巻き方No.32-手順3

○次に、もう片ほうも、反対側の肩にひっかけ、背中側に垂らします。


巻き方No.32-手順4

○ひっかけるときは、ストールが肩幅からはみ出ないようにすると上手くいきます。


巻き方No.32-手順5

○その後、先にひっかけた片ほうを、前に戻して胸の前に垂らします。


巻き方No.32-手順6

○優しく、重力にまかせて、はらりと垂らす感じです。


巻き方No.32-手順7

○これで完成。※前に垂れる長さを短くしたい場合は、一番初めのステップで、片方をもっと短かく垂れるようにしてから巻き始めてみてください。


巻き方No.32-手順8

○後ろから見ると、こんな感じになります。


【この巻き方のおすすめポイント】

はらりと落ちにくい、ストールのはおり方です。前後に垂らしたストールのドレープ(ひだ)感が大人っぽい印象を作るので、パーティーにもおすすめ。ジーンズなどのカジュアルスタイルを、ちょっときれいめに仕上たい時にも使えます。


この巻き方におすすめの大判ストール


≪ 巻き方 No. 31巻き方 No. 33 ≫

hosoi@cep