イタリアで作ったストールとマフラーのお店 CEP

CEPの巻き方ブログ トップへ
≪ 巻き方 No. 32巻き方 No. 34 ≫

おだんご結び ストールの巻き方 画像

☆結び目をかわいいお団子にした、大判ストール向きの巻き方。手が自由になるところも意外と便利です。

スポンサーリンク

大判ストール 羽織り方 No.33 ( おだんご結び )

▼巻き方手順を説明します▼

巻き方No.33-手順1
○ストールを広げ、肩をおおうように、はおります。
巻き方No.33-手順2
○片ほうのストールの胸の上あたりで、こぶを作ります。
○胸の上あたりでストールの縁をつまみ、細くしぼって、20cmくらいの長さ(結べる長さ)にします。
巻き方No.33-手順3
○ひと結びし、こぶを作ります。写真のように、途中にこぶができました。
○厚みがあるほど結びにくいですが、がんばって結びましょう。
巻き方No.33-手順4
○こぶが無いほうのストールの端(内側にくる角)を手に持ちます。
○端を、こぶの下側からさし込み、通していきます。
巻き方No.33-手順5
○かならず、こぶの下側から通すようにしてください。
巻き方No.33-手順6
○こぶから、端が10cmくらい飛び出たら、端をこぶの根元に隠すように巻き込み、固定します。
○ベロンと飛び出した部分がないように、丸くお団子のようにまとまればOKです。
巻き方No.33-手順7
○お団子を、少し横にずらすして位置を整えたら、完成です。

【この巻き方のおすすめポイント】

多少厚みのあるストールでも、かわいく見える巻き方です。華やかというより、大きめのおだんごがキュートな印象に仕上がるので、ぜひお試しを。

≪ 巻き方 No. 32巻き方 No. 34 ≫