イタリアで作ったストールとマフラーのお店 CEP

CEPの巻き方ブログ トップへ
≪ 巻き方 No. 29巻き方 No. 31 ≫

シンプルノット コサージュ留2 ストールの巻き方 画像

ストールの取りはずしが簡単にできる、コーサジュ留めの方法。コサージュをつけるとパーティースタイル向きに。

スポンサーリンク

ショール・大判ストール 結び方 No.30 ( シンプルノット コサージュ留2 )

▼巻き方手順を説明します▼

巻き方No.30-手順1
○ストールの長さの真中よりも少しずれた所を、ひと結びし、こぶを作ります。
○こぶはきつく締めないようにします。
巻き方No.30-手順2
○こぶの上に、コサージュをつけます。(コサージュに付属のピンを使ってつけます)
巻き方No.30-手順3
○ストールを首にかけます。こぶとコサージュが鎖骨の上あたりにくればOKです。
巻き方No.30-手順4
○こぶの上側から、反対側のストールの端をさし込みます。(結び目の中に通すことになります)
巻き方No.30-手順5
○ストールを下にひっぱり、ゆるみを無くします。これで完成!
○コサージュが下を向いてしまう場合は、こぶの上に乗っけるようなイメージでつけ直してください。

【この巻き方のおすすめポイント】

コサージュを使ってストールを留めると、つけはずしがめんどうで・・・。そんな時に、おすすめの結び方です。結び目よりも大きなコサージュを使うとキレイに見えます。この結び方なら、こぶ(結び目に)通したストールをはずしたり、またさし込んだりするだけで、つけはずしが簡単にできます。

≪ 巻き方 No. 29巻き方 No. 31 ≫