イタリアで作ったストールとマフラーのお店 CEP

CEPの巻き方ブログ トップへ
≪ 巻き方 No. 28巻き方 No. 30 ≫

シンプルノット コサージュ留 ストールの巻き方 画像

大判ストールを羽織り、すっきり束ねる結び方。コサージュをつけるとパーティー向きに。

スポンサーリンク

ショール・大判ストール 結び方 No.29 ( シンプルノット コサージュ留 )

▼巻き方手順を説明します▼

巻き方No.29-手順1
○ストールを1回手で絞ってから、肩にはおります。
○このとき、片ほうが腰の下ぐらい、やや短かめになるように垂らしてください。
巻き方No.29-手順2
○やや長めに垂らしたほうのストールを、鎖骨の下あたりでひと結びし、こぶを作ります。(こぶはきつく締めないようにしてください)。
巻き方No.29-手順3
○こぶの上側から、反対側のストールの端をさし込み、下にひっぱります。
巻き方No.29-手順4
○カジュアルな服にはこれだけでもいいのですが、コサージュをつけると華やかになります。
巻き方No.29-手順5
○コサージュは、こぶの上の方に、こぶに乗せるイメージでつけるとキレイです。(コサージュに付属のピンを使ってつけてください)

【この巻き方のおすすめポイント】

コサージュを使ってストールを束ねたい。でもやってみると、幅の広い大判ストールをコサージュひとつでまとめるのって案外難しい・・・。そんな時に、おすすめの結び方です。結び目よりも大きなコサージュを使うとキレイに見えます。小さいコサージュを使いたい時は、「No.28」のブローチ留めを参照してください。

≪ 巻き方 No. 28巻き方 No. 30 ≫