イタリアで作ったストールとマフラーのお店 CEP

CEPの巻き方ブログ トップへ
≪ 巻き方 No. 33巻き方 No. 35 ≫

カーディガン風 大判ストールの巻き方 画像

幅65cm以上の大判ストールを後ろで結ぶと、カーディガン風のルックスに。普通サイズのストールを使うと、パーティー向きのボレロ風になります。

スポンサーリンク

大判ストール 羽織り方 No.34 ( カーディガン風 ,ボレロ風)

▼巻き方手順を説明します▼

巻き方No.34-手順1
○ストールを広げ、肩をおおうように、はおります。
○体の内側にくるほうの、角と角を手に持ちます。
巻き方No.34-手順1
○端を手に持ったまま、両手を背面にまわして、後ろで固結びします。
巻き方No.34-手順1
○こんな感じに結びます。
巻き方No.34-手順1
○結び目が隠れるように、背中のストールを上にかぶせます。
○ストールの幅が65cmくらいないと、結び目が隠せません。
巻き方No.34-手順1
○前から見ると、こんな感じの仕上がりに。

【この巻き方のおすすめポイント】

幅が65cm以上のストールで、すっぽりと背中を覆う、暖かいはおり方です。即席カーディガンのように使えて、両手が自由になるので動きやすいです。ちなみに普通サイズのストールでこの巻き方をすると、パーティーなどで使えるボレロ風の巻き方になりますので、そちらもお試しください。

≪ 巻き方 No. 33巻き方 No. 35 ≫