イタリアで作ったストールとマフラーのお店 CEP

CEPの巻き方ブログ トップへ

ネクタイの結び方

ネクタイの結び方のうち、もっとも簡単で基本的なプレーンノット。
結び方を画像ステップでご紹介します。

  • 1
    ネクタイの結び方 画像1

    ○ネクタイを首からかけます。険先が太い方(1)を長く、細い方の2倍くらいにしてください。○次に、太険先を「●」部分の上から巻きつけていきます。

  • 2
    ネクタイの結び方 画像2

    ○(2)のように、細い方の上から太険先を1周巻きつけます。

  • 3
    ネクタイの結び方 画像3

    ○ぐるっと1周巻きつけてください(3)。○次に、太険先を「●」部分の下にさし込んでいきます。

  • 4
    ネクタイの結び方 画像4

    ○(4)のように、輪の下から太険先をさし込み、ノドのほうへ引っぱり出します。○次に、太険先を「●」部分の輪へさし込みます(5)。

  • 5
    ネクタイの結び方 画像5

    ○(5)のように、険先を輪の下から引っぱり出します。○ネクタイの結び目に片手を添えながら、もう一方の片手で、太険先を下まで引っぱって、結び目を締めていきます。

  • 6
    ネクタイの結び方 画像6

    ○結び目が少し締まったところで、いったん両手をはなし、(6)のように結び目のすぐ下が「Mの形」になるよう形を作ります。そのM形を保つように、片手でつまんで押さえてください。○同時に、もう一方の手で再び太険先(7)を下方へ引っぱり、結び目をキュッと締めます。

  • 7
    ネクタイの結び方 画像7

    ○結び目がキュッと締まったら、最後に、ネクタイがシャツの首周りにフィットするように輪を締めていきます。○結び目のすぐ下を片手でつまむようにし、上の方へとずらして動かしながら、もう一方の手で細い方の険先(9)を下に引っぱってください。※細い険先は、太い険先より少しだけ短い長さまで引っぱればOKです。

  • 8
    ネクタイの結び方 画像8

    ○ネクタイの結び方のなかでも、定番・基本のプレーンノットが完成です!○初めはバランスがとりづらいですが、何度かやるうちに出来ると思いますので Let's try♪ してみてくださいね。

【イタリア製 シルクネクタイについて】
ミラノの北にあるコモ湖エリアは高級シルクの産地です。そのシルクで織った模様と色合いが美しい、イタリア製のメンズネクタイをお届けしています。
険先幅はスタンダードな8cmで、流行や年齢に左右されにくいので、ギフトにもおすすめです。
品物をさがす(商品カテゴリー)の「掘り出し物(バッグ 帽子など)」>「お得なアウトレットセール」からご覧ください。