ストール・マフラーの洗濯・アイロン・表示の意味

●ストール(スカーフ)やマフラーを手洗いする方法・コツ

●手洗いできるかどうか、まず洗濯マークをご確認ください。


ストール(スカーフ)やマフラーを、ご自宅で手洗いする方法

※海外の洗濯マークの詳しい意味はこちらのページで解説しています≫
マークのない品物は各詳細ページの「お手入れ」の項をご覧ください。

★ドライマーク付きでも洗える!!
ウール・カシミアのマフラーと衣類のための専用洗剤はこちら ≫


●水洗いで、多少の縮み・色落ち・風合いの変化が生じることがあります


とくにリネン(亜麻)やコットン(綿)素材は、水洗い後、生地の凹凸感やシワ、フリンジ(端)のうねりや毛束感が強まる傾向がありますが、素材の持ち味としてご理解ください。 汗は水洗いのほうがよく落ちますので、手洗いをして、ナチュラルな風合をお楽しみいただければと思います。



★とくにデリケートなストールや衣類の専用洗剤!
リネン(麻)コットン(綿)シルク(絹)などが洗えるお洒落着用洗剤はこちら ≫


●ストールやマフラーのお洗濯方法


「常温の水」と「お洒落着用洗剤」で「やさしく手洗い」が基本です。

※シルク素材はとくにデリケートなので、20分以上浸け置きしないようにしてください。

  • ストール・マフラーの洗濯 画像1
  • ストール・マフラーの洗濯 画像4
  • ストール・マフラーの洗濯 画像5

  • (1)洗い桶(洗面台でもOK)にたっぷり水をはり、洗剤を適量入れ軽くまぜます。
  • (2)ストールをたたんだ状態で、水中にそっと沈めます。上からかるく押すように洗い(揉まないように)、10分ほど浸け置きます。
  • (3)水を取り替えてすすぎます。ストールはたたんだ状態をなるべくキープし、水中で泳がせるように優しくゆすります。
  • ストール・マフラーの洗濯 画像6
  • ストール・マフラーの洗濯 画像7
  • ストール・マフラーの洗濯 画像8

  • (4)濁りや洗剤の泡が消えるまで、水を2、3回取り替えてすすいだら、両手で優しく挟んで軽く水気を切ります。
  • (5)乾いたバスタオルに広げて脱水します。ストールは半分の長さに折って、シワを伸ばすようにタオルの上に広げて整えます。
  • (6)タオルを端からくるくると優しく丸めて、ストールの水気をタオルに移します。ぽたぽた落ちる水がなくなる程度でOK。

 

  • ストール・マフラーの洗濯 コツ4
  • ストール・マフラーの洗濯 画像 9
  • ストール・マフラーの洗濯 コツ3

  • <タオル脱水について>
    シワを取る意味合いもあります。巻く前に、できるだけシワなく広げ、形も等幅に整えると、仕上がりが良いです。
  • <干し方について>
    ハンガーを2本使ったM字型がおすすめ。屋外に干すときは、直射日光に当たらない場所で陰干ししてください。
  • <干し場所にご注意!>
    干してしばらくすると、フリンジ(端)部分から水がしたたってくるので、室内干しはご注意ください。

 

  • ストール・マフラーの洗濯 コツ1
  • ストール・マフラーの洗濯 コツ2

  • <色移りにご注意>
    色の違うストールは別々に洗います。一緒に洗うと、色移りやくすみの原因になります。
  • <やさしく洗うコツ>
    たっぷり水をためて、ストールを泳がせるように優しく扱います。できるだけ力や摩擦を加えないようにしてください。
  • <アイロンは当て布を!>
    テカリ等を防ぐため、必ず低温に設定し当て布をしてください。リネンやコットン素材は、半乾きの状態からかけ始めてください。


●繊維製品の洗濯マーク(取扱い絵表示)の解説

当店のストール・マフラーは直輸入品のため、海外の洗濯マークが表示されています。
この海外のマーク、実は2016年の12月から日本でも使われることになりました。このページでは、基本的なマークと見方のポイントをご紹介します。

※表示がない製品もあります。その場合は各商品ページでご確認ください。

海外の洗濯表示(取扱い絵表示)が日本でも使われることになりました



すべてのマークは「上限を示すもの」なので、
「これより弱い条件で取り扱ってください」という意味があります。

★洗濯の仕方を表すマーク

<見方のポイント>
⚫たらい(洗い桶)は、洗濯を意味します(洗濯機も手洗いも含む)。
⚫数字は水温の上限です。これより低い温度で洗ってください。
⚫下線は「弱い操作をしてね」の意味。他のマークに関しても下線が多くつくほど弱い操作が必要です。

(アドバイス)
海外ではお湯を使って洗濯するので、マークの水温設定が高めだなと感じます。当店では、常温の水で洗うことをおすすめします。

弱い操作を示す下線がついている場合は、洗濯機の弱水流コースや手洗いをおすすめします。

  • 新ケアラベル-洗濯30
  • 新ケアラベル-洗濯弱い操作

  • 普通に洗濯できます。水温の上限は30度まで。

  • 弱い操作で洗濯できます。水温の上限は30度まで。

  • とても弱い操作で洗濯できます。水温の上限は30度まで。

  • 新ケアラベル-手洗いのみ
  • 新ケアラベル-洗濯不可


  • 手洗いのみできます。
  • 家庭で洗濯できません。

★乾燥の仕方を示すマーク

<見方のポイント>
⚫四角い枠は、乾燥を意味します。
⚫四角のなかにマルが描かれたマークは、タンブル乾燥を意味します(衣類を回転させながら熱を加え乾かす方法のこと)
⚫四角のなかに線が描かれたマークは、自然乾燥を意味します。
斜めの線は、日陰干しの指示です。縦の線はつり干し、横の線は平干しで、1本線は脱水後に干す、2本線は濡れたまま(機械で脱水せずに、タオルドライ程度にとどめます)干すのがよいという意味です。


(アドバイス)
当店の製品には、タンブル乾燥禁止マークだけがついていることが多いです。基本的には、日陰での濡れつり干し乾燥をおすすめします。


  • タンブル乾燥できません(自然乾燥がよいです)。

  • 脱水後、日陰でのつり干し乾燥がよいです。

  • 濡れたまま、日陰でのつり干し乾燥がよいです。

★ドライクリーニングを示すマーク

<見方のポイント>
⚫下線は「弱い操作をしてね」の意味。
⚫ドライクリーニングに使う溶剤の違いから、アルファベットはPとFの2種あります。


  • 通常のドライクリーニングができます。

  • 弱い処理で、ドライクリーングができます。

  • ドライクリーニングはできません。

★漂白を示すマーク

<見方のポイント>
⚫三角は、漂白処理を意味します。


  • 漂白剤は使用できません。

  • 酸素系(非塩素系)の漂白剤のみ使用できます。

  • あらゆる漂白剤が使用できます。

★アイロンがけを示すマーク

<見方のポイント>
⚫中の黒い点の数は、温度の上限を表します。
点1つは低温かつスチームなしで110度までOK、点2つは中温で150度までOK、点3つは高温で200度までOKという意味です。

(アドバイス)
当て布を示すマークはありませんが、生地のテカリや傷みを防ぐため、かならず製品とアイロンの間に布を挟み、当て布をしたうえでアイロンをかけてください。


  • 110度を上限とする低温、かつスチームなしでアイロンがけできます。

  • 150度を上限とする中温でアイロンがけできます。

  • アイロンがけはできません。


※マークはもっとたくさんあるのですが、そのうちよく使われる17種類をご紹介しました。

ページトップへ